サンユー農産「コロポックルの里農園」のヤーコンについて

ヤーコンは、極度に暑い気候に弱い作物のため北海道は栽培に適しているといわれています。しかしながら、普通に栽培すると、葉は虫に食べられてしまい、成長を阻害してしまいます。そのため、多くの農家はヤーコンを栽培する際には虫対策のために化学農薬を使用します。
ヤーコンは化学農薬を使用すると、作物内に残留する傾向にあります。そのため、健康効果が高い作物であるはずのヤーコンが、残留農薬により、健康を害する作物になってしまうのです。

コロポックルの里農園では、ヤーコンの健康効果を最大限引き出すために、多くの「こだわり」により、高品質なヤーコンジュースやヤーコン茶を生産しています。この「こだわり」は手間もコストもかかりますが、それ以上の付加価値がある商品を作ることで、多くのお客様にご愛顧いただいています。

栽培へのこだわり

有機肥料だけで栽培する

コロポックルの里農園のヤーコンは、有機栽培のため、20年以上完全有機肥料のみで栽培しています。主に、鶏糞と牛糞を使用しています。虫対策のための農薬をまかない関係上、葉に虫がつかないように、定期的に雑草管理を行っています。

有機JAS

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で栽培された農作物などに付けられるもので、有機農産物のJASに適合した生産が行われていることを登録認証機関が検査し、その結果、認証された圃場で収穫された農作物のみが有機JASマークを貼ることができます。サンユー農産は有機栽培認定制度ができるずっと以前から自然農法を行っており、制度が出来た翌々年の2002年に有機栽培によるJAS認証を取得しています。
コロポックルの里農園のヤーコンは有機JAS認証を得ています。

きれいな水を利用する

仁木町内を流れている水は、長い冬の間に降った雪が少しずつ流れてきているものです。そのため、ミネラルが多くとてもきれいです。毎年秋になると、鮭が遡上して卵を産みます。ヤーコンは塊根部の88%以上が水分で構成されているため、水質によって健康効果や味が大きく変わります。コロポックルの里農園のヤーコンは、とてもきれいな水で栽培しているため、オリゴ糖の甘味が引き立つ、上品な味わいのヤーコンが収穫できます。

露地栽培

当農園では、太陽光と自然な環境から得られる栄養素を十分に作物に与えるために、あえて露地栽培を選択しています。露地栽培は、ハウス栽培と比較して雨や風が多く、栽培環境が厳しいため、生存本能から糖分や養分を増す野菜が多く、肉厚でより濃厚な風味と味になります。また、太陽光を直接浴びるため紫外線量が多く、ハウス栽培と比較してポリフェノールやビタミン等の量が3割多いとの研究結果が出ています。このように、ヤーコンの効果を最大限引き出すために、私たちは露地栽培にこだわっています。

収穫へのこだわり

お茶の葉は手摘みです。

ヤーコン茶に使用するヤーコンの葉は、大きく肉厚のものを選んで手摘みで収穫します。収穫後はきれいに洗って、風通しの良いところで自然乾燥させます。お茶は、焙煎の仕方で味や風味が変わりますので、乾燥したヤーコン葉を静岡のお茶屋さんへ送ってプロの手で焙煎してもらいます。効能を最大限に引き出せる、美味しくて飲みやすいお茶にするための、サンユー農産のこだわりです。

ジュース用の塊根部は、基本的に手掘りです。

ヤーコンの塊根部は、地中深くに成長しているため、収穫しやすいように重機で土を掘り返します。その後、人間の手で一本一本収穫します。収穫したら、すぐにヤーコンについている土を洗浄し、きれいな状態にして保管庫で保管します。

糖度のこだわり

収穫したヤーコンは、洗浄した後保管庫で三週間保管します。三週間寝かせることで、ヤーコンに含まれるフラクトオリゴ糖の甘みの効果を最大限発揮させます。その後、一本一本丁寧に皮むきを行い、ジュースを製造します。製造したヤーコンジュースは、外光を一切遮断した一斗缶に入れて、冷蔵庫に保管し、毎月、缶から瓶詰めを行って出荷しています。そのため、いつでも新鮮なジュースをお楽しみいただくことが出来ます。

上記のこだわりにより、常においしいジュースをご提供させていただいております。健康効果も高いヤーコンを使ったコロポックルの里農園のジュース、ぜひ継続的な健康維持に、お試しください。


ヤーコンの話


ヤーコンジュース

「有機栽培で育ったヤーコン」を自社工場でジュースに仕上げました。フラクトオリゴ糖をたっぷり含んだフルーティで上品な美味しいジュースです。


※本サイト内の画像は著作権法により保護されています。許可なく転載・販売等、著作権を侵害する行為を固く禁じます。